ピボットテーブルで月ごとの漏れをチェック




最近の更新
サーバ運用
2018/06/24
協会
2018/05/23
freee-tips
2018/05/01
世界情勢
2018/03/21
ピボットテーブルで月ごとの漏れをチェック
2018/03/17
プログラマーはノーと言ってはいけない
2018/03/14
太陽光発電に関してパブリックコメントを出しました
2018/02/24
太陽光発電_奮闘記
2018/02/11
車と税金
2018/01/27
ブロックチェーン
2018/01/08
盛和塾で学びたいこと
2018/01/07
伊勢雅臣
2018/01/04
作業場
2017/11/30
稲盛和夫
2017/11/07
第05期決算報告
2017/10/28
サーバ構築
2017/10/07
日本年金機構に呼び出されました
2017/09/17
放浪職人
2017/09/15
マネジメント
2017/09/09
資金調達
2017/05/07


この方法は、もはや不要になりましたorz 単に freee を使いこなしていなかっただけでした。 レポート > 費用レポート > 期間指定、で分かります。

freee を使って日々の取引を入力しています。 各月の品目はだいたい似ているので、品目 x 月のマトリックスにして 入力漏れを視覚的に確認してみました。

最初、ちょっと手こずりましたので、メモしておきますφ(..)。

  1. freee から仕訳帳をダウンロード
    1. freee > レポート > 仕訳帳
    2. 開始日・終了日を指定
    3. インポート・エクスポート > 各社csv・pdfエクスポート > csv > UTF-8 > 出力開始
  2. 式が評価されないので、小細工 (なぜか式を入力しても評価してくれないのでした)。
  3. 日の右横に月欄を設け、=left(b2,7) で月だけ表示させる
  4. 月〜借方品目まで選択し、メニュー > 挿入 > ピボットテーブル > 現在の選択範囲、 > Ok, でピボット作成。
  5. 下記でピボットテーブルを作成:
    行フィールド:借方勘定科目, 借方品目
    列フィールド:
    データフィールド:sum - 借方金額





Generated by juli 2.0.4